​ エコキュートとは                                                                 
エコキュートは、大気の熱でお湯を沸かす給湯器です。 大気の熱を利用するから、洗面所、キッチン、お風呂等のお湯を従来の電気温水器の約1/3のエネルギーで沸かせます。 冷媒として、フロンではなく二酸化炭素を使用しているので、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒を使ったヒートポンプ給湯機です。

省エネ                                                                                                     

エコキュートは、貯湯式ですので、割安な夜間の電気を利用することができます。昼間よりも約70%も割安な夜間の電気と高効率なヒートポンプシステムとを組み合わせることにより、給湯のランニングコストを低減し、抜群のコストパフォーマンスを実現します。 実際の光熱費は、各ご家庭のライフスタイルや地域、運転選択の仕方、電気料金契約などにより異なりますが、一般的にエコキュートの1ヶ月間の光熱費(台所、洗面所、風呂)は、「およそ1,000円程度」と言われています。 導入のための初期費用は従来の給湯器に比べ高くなりますが、それ以上の経済的メリットを生み出します。 さらに、補助金制度を使えば、初期費用をさらに抑えることができます。

 

環境にやさしい                                                                                         

エコキュートが採用している自然冷媒(二酸化炭素)は、従来のフロン系冷媒と違い、オゾン層にダメージを与えず、地球温暖化係数もフロン系の約1,700分の1におさえられます。また、二酸化炭素は一般に自然界に存在する物質なので、可燃性、毒性もない理想の自然冷媒です。 エコキュートは、工業製品の製造過程で発生する二酸化炭素を冷媒として利用するため、資源のリサイクルにも役立っています。 二酸化炭素排出量とその二酸化炭素を吸収するのに必要な森林(スギ)の数は、エコキュートは、燃焼式給湯機の約1/2(約40本)です。

 

加熱特性に優れている                                                                                

二酸化炭素を冷媒としたヒートポンプサイクルは、圧縮しても液体とならず、密度の高いガス状の状態になることから、ヒートポンプ単体運転で最高90℃(昇温ヒーターなし)の高温沸き上げを実現しました。 外気温マイナス10℃の条件下でも、高温沸き上げが可能です。

 

火を使わないから安心                                                                                

火を使わないので、排気がなくクリーン。また、高齢者の方やお子さまがおられる家庭も安心です。 もちろん気になるニオイや煙・ススで周りが汚れるといった心配もありません。