​Q 停電した場合に太陽光発電は利用出来ますか?
太陽が出ていれば、停電時に利用可能です(太陽光発電機の自立運転機能に損傷がない場合)
太陽光発電は、非常用電源として利用できる自立運転機能を標準装備しています。
災害などで停電した場合にも、太陽光さえあれば、自宅で作った電力を利用することができます。
携帯電話の充電など、停電時の情報源の確保や連絡手段の確保、湯沸かしや炊飯などに、
自宅で発電した電力の利用が可能です。
【停電時の使い方】
・停電時の利用にはパワーコンディショナを「自立運転」に切換える操作が必要です。
・朝夕、雲の状態等、日射に応じて自動的に運転・停止します。
・停電が復帰したときは、運転切換スイッチを「連系」にしてください。
・夜間の停電は連系運転にして、そのまま復帰をお待ちください。
・自立運転を停止したい場合は運転切換スイッチを「停止」にしてください。
・自立運転では余った電力を電力会社に売ることはできません。
※1.500w(1.5kW)が上限です。使用する電気機器の容量にご注意ください。
日射の状況により使用できる電気容量は少なくなる場合があります。
​Q 一軒あたり、どの程度の太陽電池容量が必要ですか?
一般家庭の平均年間消費電力量は約4500kWh(※)という統計値があります。
この場合には4kW程度の太陽電池を設置することで、ご家庭での使用電気料をほぼまかなうことが可能です。
※住宅環境計画研究所「家庭用エネルギーハンドブック」を参考にしております。
​Q ごみやほこり、鳥の糞等によってモジュールが汚れたらは発電量に影響は
 ありますか?
特に影響はございません。木の葉や鳥の糞等が部分的に付着しても発電量が大きく
損なわれる事はありません。またごみやほこりなどの汚れは降雨で流されるので、掃除の必要はほとんどありません。
​Q 近隣に高いビルがあり、時間帯により太陽光が遮断される場合は?
遮断される時間帯には発電量が低下しますが、ゼロにはならず、影の部分でも周囲からの散乱光により1/10~1/3程度発電します。周辺地域の影の影響を考慮した発電効率をシミュレーションすることが可能ですので、ご相談ください。
​Q どのような屋根に取り付け可能ですか?
日本の代表的な切妻屋根や寄棟屋根の他、多くの屋根に取り付け可能です。
また屋根材により取り付け施工が変わりますので詳しくは販売店にご相談下さい。
​Q 昼間に発電した電力を夜間に利用できますか?
現時点では、電気を蓄える機能はありません。
電力会社との契約で、夜間はお得な料金設定で電力を利用できます。